1. 宅配ボックスのフルタイムシステム
  2. お知らせ/プレスリリース
2015.08.26

宅配ロッカーのパイオニア、フルタイムシステムは 創業30周年を迎えました

宅配ロッカー最大手の株式会社フルタイムシステム(東京都千代田区、原幸一郎社長)は、今年、創業30周年を迎える運びとなりました。宅配ロッカーのパイオニアとして製造、販売をスタートしてから早30年。

ひとえにお取り引き企業様をはじめ、全国に広がるおよそ400万人の利用者様のお陰と感謝致しております。

創業当時から安心・安全なコンピュータ制御付き宅配ロッカーの製造にこだわり、設置台数は2 万3000棟を突破。マーケットシェア第一位を樹立しています。(※2015年の分譲マンションにおけるマーケットシェア。累積設置台数も連続で1位を獲得。不動産経済研究所調べ)

《原幸一郎社長からお礼のメッセージ》
1986年にはじめて宅配ロッカーを製造し、30年を迎える事となりました。設置件数は2万3000件、400万人を超える居住者様にご利用を頂いており、心から感謝申し上げる次第です。

節目の年を迎える事となりましたが、今後も50年、100年と永続していく企業を目指し、常にチャレンジする気持ちを忘れず次のステージに向かっていきたいと思います。

この30年、弊社は、置いて終わりではなく、宅配ボックスを介したさまざまなサービス、例えば、「サイクルシェアリングサービス」、「カーシェア・宅配レンタカーサービス」、「クリーニングの受け渡しや荷物の発送サービス」、「食配提供」、

さらには「書留郵便の受け取り」や「着払い配達の決済機能」、「災害発生時の充電」など、新しいサービスの開発・提供に取り組んできました。今後もこの姿勢を変える事なく、利用者様のニーズに合わせた製品・サービスの開発に努めたいと考えています。

これまで、分譲マンションや賃貸住宅を中心に設置してきた弊社ですが、ここ数年、オフィスビルや大学、ショッピングセンターといった住居以外の施設からのご依頼が急激に増えています。

背景には、ネット通販の拡大により、「好きな時に場所で受け取りたい」という利用者様のニーズが高まっていることが言えるでしょう。いわゆる「ラストワンマイル」に対する考え方の変化です。

こういった受取り方法の多様化の流れは、宅配業者の人手不足、交通渋滞や排気ガス問題にもつながるとして、国土交通省は今年、再配達の削減に向けた有識者委員会を設置し、問題解決への取り組みを始めました。

宅配ボックスシェア1位のシェアを持つ弊社としては、業界最大手の責任として、これまで以上に、「荷物の受取り」にかかわるあらゆる問題を多面的に解決していく考えです。

今後とも引き続きましてご指導、ご鞭撻のほどをどうぞよろしくお願い致します。

■ 会社概要
商号:株式会社フルタイムシステム
代表者:原幸一郎
所在地:101−0032 東京都千代田区岩本町 2-10-1
設立:1986 年 5 月 1 日
事業内容:宅配ボックス・電子制御付きボックスおよび生活関連施設、情報端末の開発、製造、販売、保守、管理、レンタルなど
資本金:4 億 9800 万円
URL:http://www.fts.co.jp/

■ お問い合わせ
株式会社フルタイムシステム
プロジェクト推進室
担当:唐沢徹明 TEL 03−3851−5188
広報室
担当:吉松こころ TEL 090−9101−5020