1. 宅配ボックスのフルタイムシステム
  2. お知らせ/プレスリリース
2016.01.22

日本郵便規格適合の大型郵便受箱をリリースしました

宅配ボックス最大手の株式会社フルタイムシステム(東京都千代田区、原幸一郎社長)は、1月12日、日本郵便の定める規格に適合した大型郵便受箱をリリース致しました。

受箱の投函口がH36㎜×W261㎜になったことでこれまでポストに入らなかったサイズの荷物も受取り可能となります。

製品の詳細については、日本郵便のホームページでも紹介されています。年々利用者が拡大するインターネット通販。ユーザーの皆様が、注文した商品をいち早く受け取れる仕組みを構築すべく、新製品の開発、そして受け取り場所の多様化と、製品・場面・設置場所、多方面から「ラストワンマイル」の問題開発に向け尽力していく考えです。

★ 日本郵便の規格に適合したフルタイムシステム製の大型郵便受箱の品番
FMWO-R (H120×W300×D450)
FMWO-F (H120×W300×D450)
FMWI-R (H120×W280×D450)
FMWI-F (H120×W280×D450)


■ 内容や写真に対するお問い合わせ
株式会社フルタイムシステム   
プロジェクト推進室  担当:唐沢徹明 TEL 03−3851−5188
広報室  担当:吉松 TEL 090−9101−5020

事業・サービス
実績
CSR/取り組み
採用情報
各種募集事項
お知らせ/プレスリリース
前年度 2016年 来年度
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月