1. 宅配ボックスのフルタイムシステム
  2. お知らせ/プレスリリース
2000.07.16

駅を電子商取引拠点に 電子ロッカーで宅配便発送支払い

乗降だけの駅から有効活用できる駅へ駅ITロッカー決済受取りシステム
(2001年3月31日実験終了)

フルタイムシステムと京浜急行電鉄株式会社、株式会社NTTデータ、NTTコミュニケーションズ株式会社の4社が、共同で取り組んだ駅構内を利用した新しいサービスです。

駅構内にフルタイムロッカーを設置することにより、クリーニング、DPE、宅配便の発送をカード決済にて可能にしました。

将来はECサイトで購入した商品の受け取り、会員同士の荷物受渡し、書留郵便物の受取などのサービスも視野に入れた実験となりました。

京浜急行電鉄の品川駅京急e-デポ内、青物横丁駅構内、京急川崎駅構内、3ヶ所での実験が無事満了いたしました。

ご協力いただいたモニター会員の皆様にはこの場を借りまして、厚くお礼を申し上げます。今後はこの実験結果を生かし、より使いやすく、より便利なシステムとして事業化できるように努力をしていきます。

日本経済新聞にてこの取組が紹介されました。

事業・サービス
実績
CSR/取り組み
採用情報
各種募集事項
お知らせ/プレスリリース
前年度 2000年 来年度
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月