>宅配ボックスのお問合せ<

暗証番号式の宅配ボックスを宅配業者さんが敬遠する理由

公開日:  最終更新日:2017/01/19

2014-08-06_103929

ネットオークションを頻繁に利用しておりますナビ美は、宅配会社の方と個人的にお話をさせていただく機会がよくあります。今回は宅配会社の方から見た「宅配ボックス利用事情」から、お話を進めてみたいと思います。

きっかけは、ネットオークションでの取引相手の方から「発送伝票に(受取人が許諾しています。宅配ボックスを利用して下さい。)と添え書きを入れて下さい。」といわれた事からでした。

暗証番号式はトラブルが起きやすい

配送業者と宅配ボックス

宅配ドライバーさんに「宅配ボックスを利用しないの?」と尋ねてみたところ、「宅配業者が暗証番号を設定するタイプの旧式の宅配ボックスではトラブルが多いため、基本的に不在の場合は持ち戻りと決められているんです。」とのお答えでした。

宅配ボックスをご存じない方のために簡単にご説明しますと、見た目はコインロッカーですが、宅配業者が荷物を預け入れることができるので、受取人が不在の際でも、24時間いつでも荷物を受け取ることができる設備です。

最新式のものは使い方が違いますが、旧式の宅配ボックスはロッカー扉を宅配業者が指定する4ケタの暗証番号を設定してロックします。

扉を開けるためには、設定した暗証番号が必要になりますので、宅配業者は受取人の郵便ポスト内に、暗証番号を記載した不在お届け票を投函する事で荷物の受け渡しが成立します。

しかしながら、この暗証番号記載のお届け票を郵便ポストから取出し、荷物を盗み出してしまう犯罪や、荷物を受け取っていないというクレームが多いため、宅配会社さんによっては利用を敬遠されるのだそうです。

また、宅配業者による暗証番号の書き間違いや、入庫ミスもあるらしく、その際に管理員さんや管理会社さんのお手を煩わせてしまうことに気が引けてしまうともおっしゃっていました。

管理人の負担を軽減するため

034477

そもそも宅配ボックス誕生のきっかけは、宅配荷物を一時的に預かることの多かった管理人さんの負担を軽減することでした。利用者さんにとっても好きな時間に荷物を受け取れると、生活に無くてはならない存在となりました。

マンションなどの集合住宅だけではなく、一戸建て家庭用の宅配ボックスも存在している現在、一部の方が運用の穴をつくことで、便利なツールが利用できなくなるなんて悲しい事ですね。

ナビ美居住中のマンション(6階建て総戸数20戸未満、築11年)にも宅配ボックスがありますが、今まで宅配ボックスでのトラブルは聞いたことがなく、「宅配ボックスを利用できない宅配会社や受取人」が存在する事を調査するまで知りませんでした。

この調査を進めていくうちに最近の宅配ボックスは、こういったトラブルを解消できる上に、凄いサービスがついている事を知り、目からうろこがポロポロ落ちるナビ美でございます。

解錠は操作キーで

操作キー

操作キーによって解錠するタイプの宅配ボックスでしたら、盗難トラブルを回避することができます。操作キーには磁気カード、ICカード、キーヘッドにICチップが埋め込まれたタイプがあります。

操作キーには個別に居住者情報が登録されていて、ロッカー本体、もしくは管理センターの情報と照合して解錠されるのでセキュリティー面は安心です。

大型マンションではセキュリティー強化の観点からエントランスにオートロックが設置されていることがほとんどですが、宅配ボックスの操作キーがエントランスや専有部の鍵としても利用することができるようです。

24時間遠隔監視サービス

ネットワーク型と呼ばれる宅配ボックスは、インターネット回線で管理センターとつながっていて、利用者さんのトラブルを24時間体制で対応してくれます。

操作ミスや、操作キーの紛失時など、宅配ボックスに備え付けの電話からセンターのスタッフと会話で相談をすることができます。扉の解錠はその場で遠隔操作してくれます。

上にも上げたような管理上の負担を軽減するため、オンライン宅配ボックスへの交換を進めるマンション管理組合も急増しているようです。

発送サービス

img_service01

荷物を受け取るだけでなく、荷物の発送にも利用できます。荷物を宅配ボックスに預け入れると、提携の宅配業者が引き取りに来てくれるので重たい荷物を営業所に運ばなくてすむし、待つ必要もありません。

また、契約によってはクリーニングの宅配サービスも可能です。主婦としてはかなり便利で羨ましいサービスです。お洋服を宅配ボックスに入庫するだけで契約のクリーニング会社が引き取り、後日仕上がり品を宅配ボックスで受け取ることができます。

メール通知サービス

img_system01

宅配ボックスに荷物が届くと、登録したメールアドレス宛にお知らせしてくれるサービスです。外出中でも荷物の到着確認ができるのは便利です。また、うっかり数日間取り忘れていても再度お知らせしてくれるので安心です。

宅配ボックスの選び方

マンションにおける宅配ボックスは、その規模や目的に合わせて選ぶ必要があります。とにかく安ければいいということであれば、宅配業者が暗証番号を設定する機械式の宅配ボックスでも構いませんがそれ相応のリスクやそもそも使ってもらえないかもしれないということを理解しなければいけません。

その点、ネットワーク型でしたら管理センターのフォローがあるので安心です。もちろん月々の管理費はかかりますが、メーカー管理の無い機械式は障害対応にその都度出張費や作業費が発生する事になります。

デザイン性や省スペースに優れたポスト一体型宅配ボックス

ポスタク

宅配ボックスをこれから導入されるマンションの中には設置スペースの問題に頭を悩ませるシーンも少なくありません。導線、セキュリティー、美観など、エントランスの限られた構造の中で検討することは沢山あります。

そんな時は集合ポストを破棄し、空いたスペースにポストと宅配ボックスが一体化したタイプを設置するのがおすすめです。フラットなデザインでエントランスの美観も向上します。

賃貸マンション専門宅配ボックス

賃貸マンション専門宅配ボックス出典:チャレンジボックス

賃貸マンションを専門に扱っている宅配ボックスもあります。ネットワーク型ほどの利便性は求めていないけれども、管理メンテナンスがしっかりついて、セキュリティーがしっかりしているものをお求めの賃貸オーナーさんにはぴったりです。

しかも、リース契約なので費用面でも無理なく導入することができます。賃貸物件の選択条件に宅配ボックスを必須とする方は年々増えています。欲しい設備ランキングでも上位に入るほどです。

ライター:マンションナビ美
不動産系会社勤務を経てフリーで活躍。自身も分譲マンションのオーナーとして、大規模修繕や、理事会役員を経験する。実体験からマンション業界を分かりやすく解説する。

シェアありがとうございます