1. TOP
  2. 宅配ロッカーをご利用中のみなさま
  3. フルタイムロッカーをご利用中のみなさま
  4. フルタイムロッカーK型の使い方

フルタイムロッカーK型の使い方

フルタイムロッカーK型の使い方

弊社の宅配ボックス、フルタイムロッカーK型の使い方をご案内します。YouTubeにもフルタイムロッカーK型の使い方の動画をアップしましたのでチェックしてみてください。

ご利用中のフルタイムロッカーの型の確認方法は、H型、K型、M型共に共通で、ロッカーの扉に貼られているシールに表記されている管理番号をご確認ください。アルファベット+数字の形式で管理番号が表記されています。


このアルファベットがロッカーの型を表しています。KならばK型。MならばM型です。また、K型は特に汎用性の高いモデルのため、物件により若干の違いがあることがございますが、基本操作は同じです。


確認できましたら早速、使い方をご説明していきます。


まず、宅配業者さんが荷物をフルタイムロッカーにお届けすると、ご利用者さまの郵便受けに伝票や連絡票が投函されますので、このタイミングで荷物が届いたことを知ることになります。



では、実際にフルタイムロッカーから荷物を取り出してみましょう。


まず、操作パネルにふれて、メニュー画面を表示します。



居住者ボタンにふれます。



取り出しボタンにふれます。



操作キーがFTSカードの場合は差し込み口にカードを挿入して引き抜いてください。



非接触キーの場合はキーリーダーに軽くかざしてください。



荷物が入っているロッカーの扉が自動的に開きます。 ピーッという音とともに扉が開きますのでお気お付けください。



荷物を取り出した後は、手で扉をしっかりと閉めてください。 音が止まれば扉が閉まったサインです。



以上です。簡単ですよね。メニュー画面にも指示が表記されていますのでその通りに操作してみてください。


誤って入力してしまった場合も慌てずに戻るボタンにふれて、再度入力すれば大丈夫です。



操作方法で困ったときは、フルタイムカスタマーサイトのよくあるご質問などをご確認してみてください。



以上。 フルタイムロッカーK型の使い方でした。

その他、オプションサービスなど、詳しい使い方はフルタイムカスタマーサイト取扱説明書ダウンロードにて

ダウンロードページ