街・駅・空港・商業施設への導入

ますます広がる
宅配物の受取ニーズ

社会問題にもなっている宅配物の再配達。フルタイムシステムの宅配ボックスは、日本郵便が郵便局や駅に展開する宅配ロッカー「はこぽす」に採用されるなど、宅配物の受取方法・受取場所の多様化に貢献します。

無人24時間営業で
ラストワンマイルを

24時間無人での受け渡しが可能な宅配ボックス。配送のラストワンマイルを埋める有効手段として、無店舗型ビジネス、無人24時間営業、ネット―スーパーやゲーム、コンタクトレンズの商品受取など、幅広いシーンでの活用が始まっています。

レンタル品の貸出返却も
待たずにスムーズ

利用者を待たせずスムーズに貸出返却が無人で行なえるうえ、操作履歴が残せるため延滞通知や料金収納ができる。そんな宅配ボックスの特徴が、空港でのwi-fiレンタルサービスや、街のサイクルシェアリングなど様々な場所で実現します。

それぞれのビジネスへ
最適のソリューションを

宅配ボックスを軸に、様々なビジネスの可能性を広げるソリューションを提供しています。オリジナルデザインによる企業ブランディングやサービスの認知向上から、新しいビジネスにつながるシステムの構築まで。お気軽にご相談ください。